ママニック葉酸

 

妊婦さんは葉酸サプリを摂取した方が良いということは知っていても、いつからいつまで飲めばいいのか、しっかりと把握している人は少ないかもしれませんね。

どの期間、どのくらいの葉酸を摂取すればいいのか、正解を探ります!

妊娠初期に摂るのが重要!できれば妊娠前からが理想的

お腹の中の赤ちゃんの脳と脊髄の原型は、妊娠6週までにできてしまいます。そのため、妊娠が分かってから葉酸を摂り始めたのではリスク低減の効果が得られないことがあるのです。

つまり、妊娠前から葉酸は摂るべきということ!厚生労働省では、妊娠を希望する女性は、妊娠の1ヶ月前から葉酸を1日400μg摂取するのが望ましいとしています。

「…妊娠1ヶ月前って分からなくない?」

そうですよね、分かれば苦労しません(笑)。

まあ要するに、妊娠を希望する人・妊活中の人は日ごろから葉酸を意識的に摂りましょう!ということですね。

妊娠中はいつまで飲めばいいの?

葉酸っていつまで摂取すればいいのでしょう?

厚生労働省が、無脳症や二分脊椎といった障害のリスクを減らすために推奨しているのは、妊娠1ヶ月前~妊娠3ヶ月。妊娠初期にあたります。

「じゃあ妊娠中期・後期はもういいの?」

いえいえ、妊娠中は常に積極的に葉酸を摂って下さい!

じつは妊娠4ヶ月以降は、葉酸を摂取する量と種類が変化するのです。

妊娠初期は合成葉酸を400μg、妊娠中期・後期は天然・合成葉酸あわせて480μg

厚生労働省が妊娠初期に摂取を推奨しているのは、モノグルタミン酸型の葉酸です。いわゆる工業的に製造された合成葉酸ですね。これを1日400μg摂取することを推奨しています。

一方、妊娠4ヶ月以降に摂取する葉酸はポリグルタミン酸型でも大丈夫。いわゆる食事から普通に摂れる葉酸です。ただ、妊娠4ヶ月以降に推奨されている摂取量は、480μg。

普段の食事だけから摂ろうとすると、なかなかの量となります…。

ちなみに、食品に含まれている葉酸の目安ですが、

  • ほうれん草2束(60g)で約126μg
  • ブロッコリー2房(50g)で約105μg
  • 納豆1パック(50g)で約120μg
  • いちご1パック(100g)で約90μg
  • アボカド1/2個(100g)で約84μg

となります。こ、こんなに色々バランスよく食べられるかなぁ…(汗)しかもこれはきっちり葉酸が摂取できたらの話で、じつは葉酸は熱に弱く、水に溶けやすいという特徴を持ちます、なんてこった!!料理のほとんどは熱と水を使うぞ!!

ということで、確実に基準値以上の葉酸を摂るなら、葉酸サプリを活用するのがおススメです。

もちろん妊娠4ヶ月以降は、食事性の天然葉酸しか摂取しちゃダメ!なんてことはないので、4ヶ月以降も引き続き葉酸サプリを飲んでいて大丈夫。

食事だけで足りない葉酸を、サプリで補えるのは便利ですよね。

じつは授乳期にも葉酸は必要!

赤ちゃんの新しい細胞は授乳期にも作られます。じつは授乳期の葉酸が不足すると、赤ちゃんの心身の発達が遅れるとの指摘があるのです。

ひ、ひえ~~~生んだ後も赤ちゃんにとって、ママからの栄養って大切なのね…!

ママになる・なりたい皆さん!赤ちゃんが健やかな成長をとげられるように、授乳期も1日340μgの葉酸摂取を心掛けましょう!

まとめ

妊婦

 

ママニック葉酸サプリをいつからいつまで飲むのが正しいのかを調べてみました。

その答えは、

  • 妊活中から授乳期まで!

ということになります。

ただ、どうしても葉酸サプリにそこまでお金をかけられない!という場合や、あまりサプリメントには頼りたくない!という場合は、

  • 妊娠1ヶ月前から妊娠3ヶ月までの妊娠初期

この期間だけでも飲めば確実です。

ただし、本来は授乳期間まで葉酸は積極的に摂取すべきもの。食事からだけで、多くの葉酸が摂れるとは限りませんし、確実に摂れたかも分かりません。

きちんと規定以上の量を摂りたい方は、葉酸サプリを活用してみてはいかがでしょうか。